ホーム > ワイン > ヴォーヌ・ロマネ

ヴォーヌ・ロマネ

レ・バロー

標高の高い所でできるこのヴォーヌ・ロマネは個性が強く、その深みのある色調は、鉄を含む濃い土壌と関係があるに違いないでしょう。どのヴィンテージであろうと、酸味によって、長期熟成に向くワインに仕上がっています。

新鮮で(北向きの畑)よく成熟し、ミネラル感と果実味を合わせ持ちます。黒果実(野生のクロイチゴ、ブルーベリーなど)のニュアンスが強く感じられ、スパイス(胡椒)の香りが、より魅力あるワインに仕立てています。渋みがあり、厳格で、深みがあると同時にエレガントで芳醇、野性的でもあるワイン。
収穫年によっては、数年寝かせてから飲んだ方が、ワイン全体の要素が調和します。
ジビエ(狩猟鳥獣肉)やソースを添えた肉料理と良く合います。

 

・バロー

 
L'abus d'alcool est dangereux pour la santé. A consommer avec modération.
Réalisé par i-création