ホーム > ヴィンテージ > 1998年

1998年

アンヌによる各収穫年の解説


有機栽培でのぶどう栽培を試行し続け、成功した。

乾燥し、安定した天候のもと9月21日に収穫作業が開始された。こうした天候は収穫の最後まで続いた。7月の酷暑により乾燥してしまったぶどうや9月初旬の雨によるボトリティス菌の被害にあったぶどうを取り除くため、厳しい選果が行われた。ぶどうの糖度は非常に高く、素晴らしいブドウ果汁が得られた。


出来上がったワインには凝縮感があり、ピノ・ノワール種において好まれるバランスの良さと豊満さを備えている。複雑で調和のとれたスパイシーでフルーティーなアロマを伴い、素晴らしく魅力的でコクのあるワインに仕上がった。熟成し、ねっとりとしたタンニンが感じられ、若いうちに飲むと美味しい。ワインを長持ちさせる適度な酸も備えている。


ブルゴーニュ・ブラン・シャルドネが初めて販売されたのもこの年である。このヴィンテージの特徴である肉付きの良さが出ているワインである。柑橘類、バニラ、ヘーゼルナッツ、白い花などのニュアンスが感じられる。アペリティフや焼き魚、ソース添えの魚と組み合わせていただくと美味しい。


Nos millésimes :


2005

2004

2003

2002

2001

2000

1999

1998

1997

1996

1995
 
L'abus d'alcool est dangereux pour la santé. A consommer avec modération.
Réalisé par i-création