ホーム > ワイン > リシュブール・グラン・クリュ

リシュブール・グラン・クリュ

リシュブール・グラン・クリュ

リシュブールという名は、ドイツ語形成 (" Burg ")のように思われます。地続きの0.60 ha のこの畑はレ・ヴェロワイユと呼ばれる区画にあり、ルイ・グロからの遺産です。ぶどう樹は1930-1940年の間と1946年に段階的に植樹されました。

コンコールの渓谷の涼しい斜面に位置するこの畑は、北斜面の涼しさを伴いながらも、非常に日当たりが良いという好条件に恵まれています。レ・ヴェロワイユとは、小さな谷の意味です。土壌では、斜面に垂直なぶどう樹の配列がこの少しへこんだ自然傾斜の浸食作用を抑制しています。土留め壁がその抑制作用をさらに補強しています。

土壌はキメの細かい土から成り、白い小石と濃い褐色の粘土が混ざり合っています。このような土壌は自然排水が良いため、耕作しやすくなっています。しかし、しばらくの間は、自然雑草が生えるがままにさせておくことにしました。 時々機械を使ってその成長をうまく調整しながら。

ワインの詳細

 
L'abus d'alcool est dangereux pour la santé. A consommer avec modération.
Réalisé par i-création