ホーム > ワイン > シャンボール・ミュジニー

シャンボール・ミュジニー

ラ・コンブ・ドルヴォー

村名アペラシオン、シャンボール・ミュジニーのこの畑は、シャンポールとヴォーヌ・ロマネの南境、ラ・コンブ・ドルヴォーと呼ばれる区画にあります。この区画は、1951年にルイ・グロから息子フランソワへと受け継がれました。

"Orveau" (オルヴォー)の名前は、"Val d'Or"(ヴァル・ドー、小さな金色の谷)に由来しています。この東向きの渓谷は、エシェゾー、グラン・エシェゾー、そしてクロ・ド・ヴージョの位置する扇状地に面しています。

その特殊な地理位置により、非常に極端な気候で、冬は最も寒く、夏は最も暑くなります。浸食作用に対抗する樹木の多い環境のため、秋はより一層湿気が多くなっています。1.10haのこの畑は樹齢45年と樹齢6年のぶどう樹半々から成っています。 白い泥灰土の地層から成り、地表にはキメの細かい小石が豊富に見られます。

 

ブルゴーニュ・シャンボール・ミュジニー

 
L'abus d'alcool est dangereux pour la santé. A consommer avec modération.
Réalisé par i-création